【PC作業効率化】おすすめフリーソフト「CraftLaunch」

仕事をスピーディーにこなすために、PC操作の効率化はとても重要です。

Windowsやofficeソフト等のショートカットキー等でかなりの効率化が見込めますが、それに加えてとてもおすすめのフリーソフトがありますので、この記事では、その紹介をしたいと思います。

CraftLaunchとは

私がおすすめするのは、craftware様が公開されているフリーのキーボードランチャ「CraftLaunch」です。

文字で説明しても伝わらないと思いますので・・・これを見てください。
私がCraftLaunchをつかって、アプリケーションを起動している様子です。

*この動画ではCraftLaunchは左下に表示されますが、場所は自由に変更できます
*この動画ではCraftLaunchを [ 無変換 ]キーで呼び出していますが、他のキーにも設定できます

どうでしょうか?

いちいちマウスでカチカチッ・・・カチカチッとやらなくても、さくさくアプリケーションが起動できるので、軽快な感じがするのではないでしょうか。

アプリケーションの起動だけでなく、指定したWebページや、指定したファイルを開くことももちろんできますよ!

私はもうこれがないと仕事ができません・・・笑

ダウンロード

CraftLaunchは下記のサイトにて配布されています。

craftware - CraftLaunch

ダウンロード後はzipファイルを解凍して、中にあるclnchフォルダを好きなところに置くだけで大丈夫です。

clnchフォルダ内のclnch.exeを起動するだけで使用できます。

使い方

細かい使い方は、先ほどの配布元サイトをご覧いただきたいですが、ここでは、とりあえず簡単な最低限の使い方(おすすめの使い方)を説明します。

スタートアップに登録しましょう

せっかくの効率化ツールも、そのツールを起動するのが面倒では意味がありません。Windowsを立ち上げたら、CraftLaunchが自動で起動するように設定しましょう。

clnch.exeを右クリックしてショートカットを作成し、それを、スタートアップフォルダに保存してください。

*スタートアップフォルダについては、下記の記事がわかりやすかったです。

Windows10 - スタートアップに登録 - 起動時にアプリを自動起動 - PC設定のカルマ
Windows10 のスタートアップに指定したアプリを登録する方法を紹介します。 アプリをスタートアップに登録すると、Windowsの起動時にアプリを自動で起動してくれます。

ホットキーを設定する

ホットキー設定をすると、自分の好きなキーを押した時にCraftLaunchがアクティブになるように設定できます。

私は「無変換」キーを普段使わない(むしろ、うっかり押すとイラっとする)ので、「無変換」キーをCraftLaunchのホットキーに設定しています。

設定の方法は下記のとおりです。

CraftLaunchに Config と入力し Enter
↓ キーを2回押し、ホットキー設定を選択して Enter
そのまま Enter
ホットキーに指定したいキー(私の場合は無変換キー)を押して、Enter

あとはESCキーを2回押して元の表示に戻せばOKです。

これで、次からは指定したホットキーを押せば、CraftLaunchがアクティブになります。

コマンドを登録する

次に、アプリケーションやWebサイトをCraftLaunchから起動できるように、コマンドを登録しましょう。

登録方法は色々あるようですが、私のおすすめの方法を説明します。

Webサイトを登録する

Webサイトは下記のような手順で登録するのがおすすめです。

適当なフォルダにWebサイトのショートカットを作成
名前の先頭が半角英数字以外だと、コマンドで呼び出しにくいので、半角英数字からはじまるように修正する
作成したショートカットをCraftLaunchにドラッグ&ドロップ
Enterを押して登録完了

これで登録完了です。

この例の場合でしたら、今後は、ホットキーでCraftLaunchをアクティブにし、「b」キーを押せば、微風 on the webを開くことができます

アプリケーションやファイルを登録する

アプリケーションやファイルも、上述のWebサイトと同じように、ショートカットファイルを用意しておき、同じようにドラッグ & ドロップすればOKです。

まとめ

以上、作業効率化に超おすすめなフリーソフト「CraftLaunch」の紹介でした。

このソフト、自分の中では3種の神器のひとつのような扱いになっております。本当におすすめです・・・!

コメント

タイトルとURLをコピーしました