HtmlService

Google

GAS(HtmlService)で複数のページを遷移する

Google Apps ScriptのHtmlServiceで作成したウェブアプリで、複数のページを扱い、ページ間を遷移できるようにする方法を説明しています。
Google

GAS(HtmlService)で複数のページを遷移(SPA)

GAS(HtmlService)でウェブアプリを作る際、ページ遷移の方法に悩むことがあると思います。この記事では、特別なライブラリは使わずに、URLフラグメントやURLパラメーターを使ってSPA的なページ遷移を実装する方法を紹介します。
Google

GASでエラーが発生しても処理を続ける(例外処理)

GAS実行中にエラーが発生すると、処理が中断されてしまいますが、try...catch文を使えばエラーに対処しつつ処理を継続できます。この記事では、その方法に加え、throw文で独自の例外を発生させる方法、HtmlServiceにおけるエラー処理も説明します。
Google

制限時間をこえて6分以上GASを実行する方法【Google Apps Script】

Google Apps Scriptには6分の実行制限時間が存在します。大量の処理をするには心もとないので、6分間を超える処理を実行する方法を考えました。トリガーを自動追加する方法と、HtmlServiceを使う方法を紹介します。
タイトルとURLをコピーしました