Power Appsでできることとは?サンプルアプリ作成を通して解説(第1回:データベース・アプリ準備)

業務に使うアプリを作りたいんだけど、業者さんに頼む予算はない・・・。いい方法はないかなぁ・・・?

MicrosoftのPower Appsを使ってみれば?

簡易的なWEBアプリなら自分でつくれちゃうわよ。

お金はかけられないけど、ちょっとしたアプリが必要になることってありませんか?

でも、プログラミングの勉強や、サーバーの準備等も必要で、ハードルが高くて諦めがちだと思います。

Power Appsを使えば、officeソフトを操作する感覚で、比較的簡単にアプリを作ることができます。

この記事では、その方法について解説していきます。第1回目はデータベース・アプリ準備編となります。

*office 365(SharePointを利用できるプランを使用していることを前提とした記事になっています。

作成するアプリの概要

今回作成するのは、超シンプルなタスク管理アプリとします。

タスクの追加・変更・削除・検索ができて、タスクに対してコメントをつけることができるアプリです。

こんな感じのアプリを作る

今回のサンプルアプリの肝は、2つのデータ(タスクコメント)を紐づけて管理する点です。このような、複数のデータ(テーブル)を紐づける解説はあまり見当たらなかったので、参考になれば幸いです。

データベースを用意する

Power Appsでは、ExcelファイルSharePointリストなどを始めとした、様々なデータをデータベースとして扱うことができます。

この記事ではSharePointリストを使用してアプリ作成を進めていきます。

*Excelでもとりあえず動くアプリを作れるのですが、業務で使うには厳しめな制約があります。詳細はこちらの動画がわかりやすいです。

【PowerApps】データベースとしてのエクセルの問題点と「委任」機能について

SharePointでサイトを作成する

まずはSharePointで、データベースの置き場所となるサイトを作成します。

*SharePointは、情報やデータをチームで共有できるMicrosoftのサービスです。

Office365にログインし、SharePointを開く
「サイトの作成」をクリック
チームサイトを選択
サイト名はTasksにしました。プライバシーの設定は「プライベート」、言語は「日本語」としました。
この時点では、所有者もメンバーも追加せず、「完了」
サイト「Tasks」が作成されました

ここまでの手順でサイトが作成できました。続いて、このサイトの中にデータベースを作成します。

データベース(SharePointリスト)を作成する

ここからは、実際のデータを保管するためのデータベースを作成します。SharePointの「リスト」機能を使用します。

+新規 → リスト
tasks という名前のリストとしました
列の名前はアルファベットに統一したかったので、「タイトル」の名前の変更
title にしました
+列の追加 を押して、列を追加していきます

最終的には、下表のようなリストとしました。

列名 種類
title1行テキスト
detail複数行テキスト
status1行テキスト
deadline日付
できあがったリスト

同じ要領でcommentsというリストも作成しておきましょう。

列名種類
タイトル1行テキスト
task_id数値
comment複数行テキスト

2020.3.14 追記

commentsにおいては「タイトル」の名前を変更するのではなく、使用しない項目として残しておくことにしました。(本当は削除してしまいたいのですが、SharePointの仕様上削除できません)
画面右上の歯車→リストの設定で、「タイトル」の「この列への情報の入力を必須にする」を「いいえ」にしておいてください。

taskscomments の2つのリストが作成できましたか?ここまででデータベースの準備は完了ですので、いよいよPower Appsでのアプリ作成に入っていきます。

Power Appsでアプリを作成する

続いて、PowerAppsのアプリを作成します。

Office365のトップ画面から PowerApps をクリック
キャンバスアプリを一から作成
任意のアプリ名を入力し、レイアウトを選びます。
PCやタブレット向けなら「タブレット」、スマートフォン向けなら「電話」
アプリの作成画面が表示された

ここまでで、環境の準備は整いました。

第2回からは実際のアプリ作成に入っていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました